島村楽器 イオンモール熊本店 シマブロ

島村楽器 イオンモール熊本店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

SAXのいろは~SAX科講師土持より~Vol.1

皆さんこんにちは!
イオンモール熊本店音楽教室担当の緒方です!!

SAX吹きの皆さん!!必見です。
これから定期的に当店SAX科講師の土持と共にSAX吹きに役立つ、
ちょっとしたアイテムや情報を配信していきます♪
講師の土持は、いつもにこにこ笑顔でレッスン日には生徒さんといつも楽しく笑っています♪
そんないつも明るい土持ですが、実は天然なところもあるんです(笑)
気になる方は土持がいる木曜日にぜひお店に遊びに来てくださいね♪

記念すべき第1回目は絶対にやらないといけない、「スワブの通し方」についてです。

そもそもスワブって何?

楽器を演奏することで管体に水分がたまります。
その水分を吸収してあげる布のことをスワブと言います。

スワブを通すとどうなるの?

スワブを通すことで、管体内部表面を滑らかに保てます。
こうすることで、いつでも楽器本来の音を奏でてくれます。

スワブを通さないとどうなるの?

スワブを通さないと、管体内部表面に付着した水分や汚れが放置されることとなり、
管体内部が錆びたり、ホコリが固着したりすると、管体内の空気の流れに支障が出ます。
つまり、音が出しにくいことになります。

スワブの通し方の正解は?

SAXのスワブを広げてみると…

f:id:shima_c_kumamoto-a:20170912173537j:plain
こんな感じですよね!!

そして、錘がついている方をベルの中へ。
f:id:shima_c_kumamoto-a:20170912173623j:plain
必ず大きい穴から入れます!!

f:id:shima_c_kumamoto-a:20170912173659j:plain
ベルの中へスワブを入れていきます。

f:id:shima_c_kumamoto-a:20170912173708j:plain
大体の布が入ったらSAXを傾けます。
錘がついている紐をベルから出すようにSAXを傾けましょう。※絶対に落とさないでくださいね!
ベルから錘がついている紐が出てきたら、スワブを引っ張り管体全体をお掃除しましょう。

この作業を2~3回繰り返し、SAXの中に水分がないようにします。


続いて、ネックにもスワブを通しましょう♪
必ず大きな穴からスワブをいれます。
f:id:shima_c_kumamoto-a:20170912173733j:plain
ネックも2~3回スワブを通して水分を取りましょう★


スワブの通し方は以上です。
きちんとしたスワブの通し方で大事な大事な相棒(楽器)を可愛がってあげましょう♪

次回は「マウスピースパッチ」についてです!
お楽しみに♪

講師のご紹介

f:id:shima_c_kumamoto-a:20160521163136j:plain

開講曜日
一言コメント 多くの方にサックスを演奏する楽しさを知っていただき、そして音楽を好きになっていただきたいと思っています!しっかりサポート致します!安心して気軽にサックスを吹きに来てください。待ってます!


詳しくはこちらをご覧ください!
www.shimamura.co.jp


吹奏楽のことならイオンモール熊本店へ!!

イオンモール熊本店のスタッフには元吹奏楽部が5人♪
私もその内の一人です☆さまざまなご相談お受け致します。

■そろそろ自分の楽器欲しいな…という方はこちら!
www.shimamura.co.jp

■先生に教えてもらってライバルに差をつけたい!正しい奏法を教えてほしい!という方はこちら!
www.shimamura.co.jp

お問い合わせ

店舗 島村楽器 イオンモール熊本店
担当 緒方
電話番号 096-235ー6020
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.